• 綺麗なドア
    自動ドアを利用していて、ある時突然動かないというトラブルが起こることは十分にあります。
  • 自動ドア
    少子高齢化社会になってきた日本では、高齢者をはじめとするハンディキャップを保有する人間に対するサポートが大きな課題となっています。
オススメリンク

今ではどこでも見かけるようになった自動ドアは修理する際にも専門知識が必要となります。そんなときは専門業者に修理の依頼をしましょう。

アーカイブ
カテゴリー

postheadericon 様々な特殊システム

握手

自動ドアの修理が出来る業者は、いわば自動ドアの専門家です。
業者によっては、特殊な開閉システムを構築することができるような場合もあります。… Read more

postheadericon 自分で管理する項目

受付

自動ドアの修理を行うにあたっては、専門家に依頼することが重要です。
しかしながらそうなるような状態に至るまでに、利用者側で気をつけることができるメンテナンスがあります。
それは、正常に稼働できるようにするために、余計なものを排除するようなメンテナンスであるといえます。… Read more

postheadericon メンテナンスの依頼

ガッツポーズ

自動ドアの修理が出来る業者には、修理を依頼するだけではなくメンテナンスの依頼をすることもできます。
メンテナンスの依頼をするのであれば、スポット的な契約を結ぶことと、定期的な契約を結ぶことと、どちらの選択をすることも可能です。
多くの場合、定期的な契約を結んだ場合は年に2回ほどの定期検査を行ってくれて、さらに修理に必要な基本的な消耗品も無料で提供してくれます。
スポット的な契約を結んだ場合、その無料サービスがかなり薄まることも多いです。
それを考えると、定期的なメンテナンスサービスは安心を購入することができるという見方ができて、かなりお得だといえます。
ずっと使っていく設備であるからこそ、適正なコストで長く使っていけるメンテナンスを施すことが大切だといえます。
Read more

postheadericon 導入する意味

メガホン

自動ドアを導入することがどのぐらいバリアフリーにつながるか、それは旧来の手動ドアと比べれば雲泥の差であるといえます。
まず例えば、高齢者にとってはドアの開閉をする動作は困難に感じることもあります。
玄関ドアは特に重たい仕様になっていることもありますし、引き戸を引っ張って自分の方に引き寄せて空間を開けて、そこに入り込む動作はかなり大変です。
手動の玄関ドア、入口ドアを開けてその中に入ることは、高齢者にとっては一苦労です。
また、高齢者のみならずハンディキャップを持つ人であったり、怪我をしている人にとっても大変であるといえます。
更には、両手が荷物でふさがっている場合にも手動の扉はネガティブ要素につながります。
そういった場合に、回転ノブの扉だったりした場合はかなり最悪な感想を持たれます。
荷物を片手にまとめるか、地面に置くか、そのような形で手を空けるしかないため、お客さまにとって手動ドアは非常に不便なものだと受け取られがちです。… Read more